個人と探偵事務所



個人と探偵事務所

探偵事務所は何となく依頼しにくいという方も多いでしょう。
探偵事務所を利用したことがない方が世間的に考えて大半だと思いますから無理もありません。
ですが、私達の日常に関わる相談事をできるという利点があります。カウンセラー等の方が相談しにくいでしょう。日本では一般市民が探偵学校に行って調査を行います。アメリカやイギリス等は、免許制になっているエリアもあるようです。元は情報を扱う組織が元になって探偵事務所が出来たのです。

ただ、日本の探偵事務所は、小説などのように元警官、元スパイが経営していたりすることはありません。関与するとしたら心理学を学んだ人、法律を学んだ人などがやや専門性が高いかと思います。そうでなくとも社会経験と学習を活かして、探偵になる人もいます。

個人での探偵事務所への依頼は、依頼人が自分では解消できない、調査できない部分を相談し、調査員が尾行や機材を用いた調査を行って、調査結果を文書等にして報告します。浮気の依頼なら、浮気の証拠をつかみますし、他の事柄でも次の行動につながる調査報告をします。本人立ち会いの状態で、相手との交渉にあたったり、盗聴器の除去などをしたりします。

若干お金がかかるものの人には言えない悩み事を相談員に話し、解決策を提示してもらうことで安心や次の段階に移る気力を持つことができるという意味で個人にとって探偵事務所は有益だと言えます。

関連記事

  1. 警察との違いは
  2. 法人と探偵事務所
  3. どんな問題を取り扱うか
  4. 探偵事務所と世間のイメージ
  5. 探偵事務所とは