警察との違いは



警察との違いは

探偵事務所はときに犯罪、痴漢、ストーカーなど犯罪行為の解決に働きます。探偵事務所と警察の決定的な違いは、警察は捜査令状を取って、相手の家などを家宅捜索できるのに対し、探偵事務所のスタッフは捜査権も逮捕権もないということです。法的には一般人ですので、犯人を追いかけるという事は認められていません。

しかし、日本の警察は基本的に民事不介入、そのため、家庭内の暴力やストーカーでは動かないことも多いです。今は悲しい殺人事件などが起きたので、大分変化してきていますが、離婚等は感知しないので、探偵事務所が動くことの方が多いのです。そこは大きな違いですね。

後は、失踪人の捜索は7年たつと法的には死亡扱いになります。ですが、探偵事務所の場合はその気になれば、探してもらえます。ただし、非常に厳しくなることは覚悟してください。証拠は、時が経つごとに消えていきます。その辺りは探偵事務所のスタッフの腕の見せ所ですね。

また、警察が扱わないような瑣末なことも、探偵事務所なら扱ってもらえます。ペットを探す、近隣住民の迷惑行為を調べる、雇用主がその人の来歴を調べて自分の会社にあった人か確認することもできます。

警察とは全く違うジャンルの仕事をするのが、探偵事務所です。しかし、何かあった時はすぐに証拠をそろえて対応してくれますので、気軽に相談するといいでしょう。相談だけなら無料というところも多いですから。色々な局面で頼りになるのが探偵事務所なのです。

関連記事

  1. 法人と探偵事務所
  2. 個人と探偵事務所
  3. どんな問題を取り扱うか
  4. 探偵事務所と世間のイメージ
  5. 探偵事務所とは